開発環境

WordPressローカル開発環境の作成

更新日:

レンタルサーバーでインターネット上に公開する前に、WordPressをパソコン上のローカル環境で開発するためのテスト環境を構築します。

XAMPPからLOCALへ

WordPressの主なローカルな開発環境には、MAMP(マンプ)とXAMPP(ザンプ)、Local(旧local by flywheel)があります。

MAMPはmacOS専用で、XAMPPとLocalは共にLinux Windows macOSで使用できます。

本サイトでは、使用方法が簡単なこととサーバーを選択可能なことからLocalを使用しローカル環境を構築します。

Local(旧local by flywheel)でのローカルテスト環境構築手順

最初にLocal WordPress development toolのサイトでアカウント作成後にGET IT NOWボタンを押してインストーラーのダウンロードを行います。

LOCAL アカウント作成画面 稼働OSの選択
LOCALアカウント作成 および ツールダウンロード開始画面

Localバージョンアップ情報

2022 年 9 月 13 日 Local6.4.3リリース

  • 新規および既存のサイトに PHP 8.1.9 のサポートを追加
  • 利用可能な PHP バージョンの更新 (7.4.30 および 8.0.22)
  • intl PHP 拡張機能を有効にしました
  • WebP 画像のサポートを追加
  • Xdebug をバージョン 3.1.5 に更新

Localインストール

ダウンロードしたインストーラーを起動してLocalをインストールします。

インストール完了を確認しLocalを実行します。

localセットアップウィザード完了画面。

Localの実行

Local利用規約に同意し、エラーレポート機能の使用の有無を選択します。

local利用規約確認画面
localエラーレポート機能の使用ぬ有無の選択画面

サーバーローカル環境の構築

Localダッシュボードを起動し+Creat aNew siteボタンを押しローカルなサーバー環境の構築を始めます。

ローカルサーバー環境の構築

サイト名を入力後Continueボタンをクリックします。
(ドメイン名を変更したい場合、Advanceオプションでドメイン名を変更できますします。)

サイト名を入力し、ドメイン名を設定します。

PHPバージョン、サーバーソフト(ApatchもしくはNGINX)、MySQLバージョンが選択できます。
特に指定がなければPreferredを選択してContinueボタンをクリックします。

Preferredデフォルト設定値
PHPバージョン7.4.1、 サーバーソフトNGINX、MySQLバージョンは8.0.16

ワードプレスのセットアップ

ワードプレスで使用するユーザー名 パスワード メールアドレスを設定後、Add Siteボタンをクリックします。
(マルチサイト構成とする場合のみ、AdvanceオプションでYESを設定します。)

最新バージョンのワードプレスがインストールされた指定したドメイン名、環境を持つローカルサイトが出来上がります。

下記のサーバー管理画面で確認できます。

ローカルサーバー管理画面

WordPressフォルダ

Localによってインストールされたワードプレスは、Local Site>サイト名>publicフォルダーに格納されます。

LOCALによりインストールされるWordPressファイル 格納先
パソコン上でのローカル稼働イメージ

ワードプレスへのログイン

サーバー管理画面のWP AdminボタンをクリックしてWordpress管理画面へログインします。

日本語化がされていないのでSettinngs>General>Site Languageメニューから日本語を選択します。
文字化けを防ぐためにWP Multibyte Patchプラグインを導入します。

以上で、ローカル環境で稼働するWordpressのインストールが完了しました。

-開発環境

Copyright© WordPressの始め方 , 2022 All Rights Reserved.